資産運用

【ロボアドバイザー】THEO(テオ)実績とともに魅力も伝えます

当記事では投資入門におすすめのTHEO(テオ)の紹介と管理人ユッピーの資産運用実績を紹介する内容となっていて投資初心者に理想と現実を見ていただけます。

投資初心者におすすめするTHEO(テオ)とは?

昨今、投資と言われる言葉を耳にする機会が多くなってきました。

投資ってなんだか難しそう。

危ないし、手を出さない方がいいよなどなど言われることもしばしばあります。

さて、今回紹介するロボアドバイザーTHEOは投資初心者にとってウェルスナビ同様におすすめな投資手段の一つです。

当記事でははTHEOを紹介しながら投資そのもののメリットなどもお伝えし、投資に対する概念をひっくりかえしれもらえるきっかけになるような内容も盛り込んでお伝えしたいと思いますね。

・手っ取り早くテオについて知りたい人はこちらから↓

ロボアドバイザーテオはこちらから

THEO(テオ) ロボアドバイザー

THEO(テオ)の意味(由来)

THEO(テオ)英語訳しても出てこないこの言葉。

ロボアドバイザー テオの意味?由来は?

どんな名前の意味があるのかと調べえてみると、なんとあの世界的画家ゴッホの弟の名前でした。

当時テオは兄ゴッホの画家生活を金銭面で援助したと言われています。

そんな影の存在であるテオの存在になぞらえ、影ながら、皆さんの資産形成に約に立ちたいという思いで、この名前が名つけられたようです。

スマートフォンさえあれば簡単に投資ができる

投資と言うと、何か大きなお金を動かしてそれに対する損益によるものと言うことを想像しがちな人も多いことではないでしょうか。

漠然とした投資のイメージが先行してしまうが故に、投資に対するネガティブなイメージばかりが多いと思われがちな風潮が未だ強いようです。

そんなな中でもこのTHEOに参加する方が年々増えていると言うこと。

2018年8月31日現在で52,466人がテオで運用しています。

今後ますます増えていくことでしょう。

それには、参加しやすい気軽さかあるのです。

まず、お手軽に参加できる理由の一つに、スマホで簡単に参加できることです。

株などの投資家(トレーダーと呼ばれる人達)はパソコンモニターを何台も見比べます。

そして日々、ローソクと呼ばれるグラフを見ながら、取引をする方も少なくないです。

しかしテオはスマホがあれば、THEOのアプリをダウンロードしいくつかの質問に答えるだけでもう投資家としての入り口をくぐったことになります。

手軽さの理由は五つの簡単な質問に答えるだけ

5つの簡単な質問に答えるだけで、自分に合ったポートフォリオを設定してくれます。

年齢、年収など金額的な計算に必要な簡単な質問に答えるだけで、THEOは適切なポートフォリオを用意してくれます。

THEOのホームページを除くと、実際にどれくらい運用すると、あなたの資産が何年後にはどれくらい、お金が育つのかが一目で分かるようになっています。

イメージだけでもつかんでおくと投資の目安になります。

毎月1万円から積立運用がスタートできる

投資と言うとなんだか大きなお金が動くと思う時代はもう終わりました。

月1万円から積立運用がスタートできるのもTHEOの魅力です。

1万円でそんなに資産が増えるのかと思わる人は一度THEOの無料シュミレーションをやってみましょう。

結構な金額が資産として残るのに驚かれるでしょう。

・10年間毎月1万円を積み立てた時のシュミレーションはこちらです↓

 

月に1万円くらいなら出せると言う人はやってみる価値はあるといえます。

むしろ、最初から大きな金額を出す必要はなく、ご自身の無理の無い範囲で投資が行えるのも非常に大きな魅力と言えるでしょう。

預けたお金はどうなるの?

投資会社を利用すると言うことは、実際にその運用を丸投げすることと同じです。

要するに、全てをプロ(ロボット)に任せて、あとは自分預けた資産が日々どれだけになっているのかチェックするだけです。

実際にTHEOに参加している4名プロフェッショナルな投資家による運用なので、ほぼ安心と言えるでしょう。

私たちは特に何もする必要がありません。

毎月、お金を預けるだけで良いのです。

だから、初心者でも安心して参加出来ます。

投資だから一喜一憂しないことです。

投資だから、多少値下がりする時期ももちろんあります。

実際にユッピーは2019年1月現在マイナス運用となっています。

長期で考えているとはいえ少し凹んでます。

しかし、そんな低迷期もあれば、もちろん上がる日もあります。

わかりやすい例でいうと、日経平均株価。

日々、ニュース番組では日経平均株価が報道されています。

日本経済の状況を表す数値で、上げ下げがありますよね。

上がり続けることもあれば、下がる日もある。

そんな繰り返しを行いながら、結果的には少しずつ上がっていっている日本経済の状況が続いています。

また、THEOの運用投資先はもちろん日本だけではありません。

各国のバランスの良いETFを選別しながら、AIを利用して、日々運用されていますので、長期的に見れば資産形成に繋がっていくと言うことになるのです。

いきなり、利益が出るものではないと言うことも頭に入れながら、日々お金を育てると言う感覚で投資を行っていきましょう。

実際の運用損益実績はどれくらい?

実際に、投資運用実績どれくらいなのか?

やはり一番気になるところですよね。

最新のユッピーの運用実績を公開します↓

-9.45%・・・

説得力がない・・・

しかしここでやめてしまったら何も意味がありませんし、世界的に株価等が下がってきている今が安く投資商品を購入できるチャンスだと思っています。

実際に1年前まではプラスだったのです。

積み立て投資は長期を見据えて利益を出す投資手法なのです。

ポートフォリオを人間ではなく、ロボットアドバイザーにする理由とは?

私達の親世代、ちょうど高度経済成長時代を歩いてきた世代の方にとっては、お金を銀行に預ける貯金が、投資の代替え手段でした。

銀行の預金金利も今の何十倍と言うことで、今でも貯金は美徳と言われている方も多い中で、投資と言う方法で、お金を育てる方が増えている現状です。

今や、銀行の預金金利は、年0.001%。100万円預けても10円と言う利益が得られる優れた銀行の貯金を手堅く行っている方も多いでしょう。

10円の利益です。一方で数%の利益を出せる投資。

なぜこのようなことが出来るか?

それにはロボットアドバイザーの存在が欠かせません。

世界各国に存在するETFをポートフォリオするには人間技では相当の知識と経験必要です。

プロのトレーダーの方は自分の経験に基ずいて、投資先を選定して行う方もいるようですが、どうしても不安定になりがちな要素を抱えてしまいます。

感情と言う、私たち人間の良い面が、投資には却って逆効果になることもあります。

期待感と言うかここなら大丈夫かと言った感情的な要素が時には投資を上手く運用できないこともある中で、ロボットアドバイザーによりドライな方法を使うことで、適格なポートフォリオを駆使して投資家の方に利益をもたらすことが出来るのです。

ここまで、大まか投資と言うものをTHEOと言う投資先を紹介しながら、見ていきました。

貯金をしても、今は頭打ちな時代に合って自分の資産を形成していくにはスタートしやすい投資手段ではないでしょうか。

ロボアドバイザー THEO(テオ)で投資をしてみませんか?

公式サイトはこちらから↓

ロボアドバイザーテオはこちらから

THEO(テオ) ロボアドバイザー

最後まで記事を読んで頂きありがとうございました。

 

※投資には元本割れのリスクがあります。投資は自己責任で行いましょう。

・テオのライバル的存在ロボットアドバイザー・ウェルスナビについてはこちらの記事で詳しく書いていますので参考にしてください↓

あわせて読みたい
【ロボアドバイザー】ウェルスナビの実績とともに魅力を伝えます結婚、出産、マイホーム購入を機に将来へのお金の不安が膨らみ悩みの種の一つとなる人は多いと聞きます。 実は当ブログの管理人であるユッ...

・毎日ユッピーの資産運用報告をしていますので参考にしてくださいね↓

あわせて読みたい
【積み立てNISA】【ロボアド】2019年1月4日の積み立て投資・資産運用報告当ブログでは毎日、管理人が毎月積み立て投資をしている積み立てNISA・ロボットアドバイザーの日々の資産運用報告をしています。 積み...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です